Socket Mobileの2Dスキャナーは「自動スキャンモード」が備わっており、スキャナーを充電スタンドや充電ドックに載せると、スキャナーのスキャンボタンを押さなくてもバーコードをかざすだけでバーコードをスキャンします。

オプションで、充電スタンドと充電ドックには盗難を防止するためのセキュリティケーブルが付いており、無人レジなどで作業者がそばにいない場合でもスキャナーを盗まれることがありません。

Socket Mobileの2Dバーコードスキャナーは、タブレットを使ったセルフレジでの用途に最適です

用途

  • Square:
    設定や使い方が簡単なPOSです。
  • Shopify
    eコマースとPOS機能を一つのプラットフォームで提供しています。
  • Shopkeep:
    業界のリーディングカンパニーで、低価格で導入ができます。

POSアプリケーションの全リストはこちら 

 


利用例

  • 充電ドック&充電スタンド: これらのスタンド並びにドックはSocket MobileのバーコードスキャナーやNFC/RFIDリーダーを載せておいて、充電だけでなく、バーコードの自動スキャン(2Dスキャナーのみ)やタグの自動読み取りもできます。

 

img_selfserve-web

成功例

  • Royal Canin: Kioskio STD-SCXを使って、小売店内にいるお客様はRoyal Canin displayに近づいて商品のバーコードをスキャンし、iPadの画面にタッチして様々なオプションをナビゲートしながらいろいろな商品情報にアクセスできます。


推奨

  • 素早いバーコードスキャンや、将来にわたって長くスキャナーを使い続けたい場合は、SocketScan® S740. がお勧めです。詳細はこちら
  • 価格が安いほうを希望される場合はSocketScan® S700をお薦めします. 詳細はこちら.